読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Zバッファ

iPhoneやAndroidスマホなど家電ガジェット系レビュー記事中心。秘境スポットなどの旅行ネタやふるさと納税などの節約ネタ、投資ネタなど幅広く解説しているライフハックブログ。

Hulu(フールー)の無料トライアルを何度も繰り返せる裏ワザ

スポンサーリンク

ドラマや映画、アニメやバラエティ番組など1万作品以上が月額933円で見放題のインターネット動画サービス「Hulu」。

www.hulu.jp

最近はテレビCMなどもやっているので知っている人もいるかと思います。

このHuluは2週間の期間限定で無料で試す事ができる無料トライアルというものがあります。

因みにHuluのライバルであるdTV U-NEXTはHuluに比べて2週間長い31日間と1ヶ月間もの無料トライアル期間を設けています。

さて、Huluは無料トライアル中でも有料期間同様のコンテンツを楽しむ事が出来ます。

無料トライアル期間が過ぎると課金されますが、無料トライアル中に解約すれば一切費用は発生しません。

この無料トライアルは基本的に1人1回しか利用できないのですが、これから紹介する裏ワザによってHuluの無料トライアルを何度でも利用することが出来ます。

Hulu(フールー)の無料トライアル申込で900円キャッシュバック

Hulu 無料トライアルアカウントの抜け道を使った裏ワザ

Huluは無料トライアルでアカウント登録する際に氏名や生年月日、メールアドレス、支払い方法(クレジットカード番号など)を登録します。

このうち、メールアドレスとクレジットカード番号は同じものを利用して無料トライアルをすることは出来ません

Hulu無料トライアル

即ち、メールアドレスとクレジットカード番号が異なれば、無料トライアルを再度申し込む事が可能です。

メールアドレスは何個も作ることは可能ですが、管理が面倒ですし。自身や家族で保有しているクレジットカードには限りがあるので、このままでは無料トライアルを半永久的に続けることは出来ません。

そこで紹介するのが今回の裏ワザです。

メールアドレスを簡単に複数に出来る方法

gmaiのエイリアスという機能を使うと、メールアドレスを仮想的に増やすことが出来ます。

詳細は以下のサイトをご覧いただければと思いますが、gmailでは+の後に任意の文字を追加したアドレスにメールを送っても、元のgmailにメールが届く仕組みが用意されているんです。

例えば今のgmaiアドレスがzbuffer@gmail.comだとしたら、zbuffer+sub@gmail.comというアドレスにメールを送ってもzbuffer@gmail.comにメールが届きます。

Hulu側ではzbuffer@gmail.comとzbuffer+sub@gmail.comは別のメールアドレスとして認識されますが、1つのgmailアカウントで管理できるんです。

Googleサービス上級活用ガイド

Googleサービス上級活用ガイド

 

クレジットカード番号を簡単に複数作成する裏ワザ

クレジットカードを仮想的に作成することで、保有するクレジットカードを増やすことなく、クレジットカード番号だけ新たな番号にすることができます。

これはバーチャルプリペイドカードと呼ばれています。

このバーチャルプリペイドカードで作成したバーチャルクレジットカード番号でHuluの無料トライアルのアカウント登録することが可能です。

追記)VプリカはHuluでは利用できなくなりました。

主要バーチャルプリペイドカードのスペック比較

カード名 楽天バーチャル
プリペイドカード
e-さいふ Vプリカ エポスバーチャル
カード
ブランド MasterCard Visa Visa Visa
申込資格 楽天カード保有者 日本国内在住の18歳以上の人 日本国内在住の18歳以上の人 エポスカード保有者
購入手数料 無料 無料
(ただし1年間利用がない場合は、税込540円が必要)
100円~280円
(ライフカードでの購入だと無料)
無料
年会費 無料 無料 無料
(未利用期間が3ヶ月を超えた場合、毎月25日にVプリカ残高から125円が引落しされます。

また、24日までに一度でも利用すると、維持費は発生しません。)

無料
有効期限 カード購入月の1年後の末日 2年間 カード発行月の1年後の月末 5年間
購入可能金額 500円、1,000円、3,000円、5,000円、1万円、2万円、3万円の7種類 101円~29,000円の範囲内で入金可能
(最大3枚まで発番)
2,000円、3,000円、5,000円、7,000円、1万円、2万円、2万9,000円の7種類
(最大10枚、合計残高10万円まで購入可能)
親カードの範囲内で設定可
支払い方法 前払い
(プリペイド)
前払い
(プリペイド)
前払い
(プリペイド)
後払い
(親カードの支払い時に決済)

後払い形式のバーチャルプリペイドを選ぼう

この中で私がHuluで使っているのがエポスバーチャルカードです。

エポスバーチャルカード

エポスバーチャルカード以外はプリペイド式(前払い方式)なので、クレジットカード番号を変えるたびに費用がどうしても発生してしまいます。

その点、エポスバーチャルカードは年会費永年無料のエポスカードを持っていれば通常のクレジットカードのように後払い方式なので実際に費用が発生しなければお金がかかりません。

即ち、クレジットカード番号を変えても費用が発生しません。

エポスバーチャルカードの作成方法

エポスバーチャルカードの作成条件として,Visaマークのエポスカードを保有している必要があります。

持っていない場合は、エポスカードの公式サイトか丸井の店頭で作成して下さい。

エポスカードを保有している人はまず、エポスNetにアクセスしてログインします。

エポスNetに未登録の方は無料会員登録しましょう。

ログイン後、「各種お申し込み」から「エポスバーチャルカードのお申し込み」をクリックします。

エポスカードの情報や生年月日を入力してエポスバーチャルカードを作成します。

エポスバーチャルカードの申込

エポスバーチャルカードの申込が完了すると、通常のクレジットカード同様にクレジットカード番号とそのクレカの有効期限、セキュリティコード3桁が設定・入手できます。

因みにエポスバーチャルカードで発生した費用は手元にあるエポスカードで支払うことになるのでエポスポイントも貯まります。

エポスバーチャルカード利用可能額設定

バーチャルカード申込完了後、利用するには利用可能額を設定する必要があります。

利用可能額は1万円以上から設定可能で、これが0円になるとインターネットでバーチャルカードの番号を入力しても決済時にエラーとなります。

エポスバーチャルカードのクレジットカード番号を変更する方法

エポスバーチャルカードのクレジットカード番号は好きな時にネットで変えることができます。

方法は簡単で、一旦バーチャルカードの利用を中止して、再度作成しなおすだけ。

エポスバーチャルカード照会

エポスバーチャルカードを中止します。

エポスバーチャルカード中断

エポスバーチャルカード中止

再度エポスバーチャルカードを申し込むと新たなクレジットカード番号が発行されます。

エポスカードとエポスバーチャルカードの組み合わせとgmailのエイリアス機能でHuluの無料トライアルを繰り返し利用できる裏ワザを今回はご紹介しました。

バーチャルプリペイドカードとgmailのエイリアス機能はネットサービスを利用する上で便利なのでHuluの無料トライアル利用関係なく知っておいて損はないと思いますよ。