読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Zバッファ

iPhoneやAndroidスマホなど家電ガジェット系レビュー記事中心。秘境スポットなどの旅行ネタやふるさと納税などの節約ネタ、投資ネタなど幅広く解説しているライフハックブログ。

北陸新幹線 「かがやき号」と「はくたか号」の違いと自由席有無

スポンサーリンク

北陸新幹線

先日北陸新幹線に乗って金沢観光に行ってきました。

旅行者に人気の金沢のホテル一覧 - トリップアドバイザー

www.zbuffer3dp.com

www.zbuffer3dp.com

北陸新幹線のチケットを取る時に分からなかったのが「かがやき号」と「はくたか号」の違いです。

北陸新幹線の種類

JRのページを見ると北陸新幹線には以下の4つのタイプがあるようです。

1:かがやき
東京~金沢間

2:はくたか
東京~金沢間、長野~金沢間

3:つるぎ
富山~金沢間

4:あさま
東京~長野間

このうち東京から金沢へ直通で行くのが「かがやき号」と「はくたか号」です。

北陸新幹線 かがやき号とはくたか号の違いとは何か

この2つの違いは、所要時間(停車駅の数の違い)と自由席の有無になります。

車両に違いはありません。

かがやき号は東京から金沢を約2時間半で運行するのに対して、はくたか号は3時間以上かかります。

また、えきねっとで見てみると、かがやき号には自由席がなく全て指定席になっているのに対して、はくたか号には自由席があります。

北陸新幹線、自由席と指摘席での交通費・チケット代の違い

上で自由席ははくたか号にしかない事を紹介しました。

そこで気になるのが利用料金の違いがどれだけあるかですが、モバイルSuicaを利用する場合、指摘席と自由席で交通費に違いはありません。

通常のチケット購入の場合は、指定席券が6580円、自由席券が6260円と320円の違いが東京ー金沢間ではあります。

北陸新幹線 指定席、自由席、グランクラスでの料金の違い

www.eki-net.com

尚、えきねっとトクだ値を利用すると10%割引でチケットを購入することが可能です。

えきねっとトクだ値はグリーン車とグランクラスにはありません。

www.zbuffer3dp.com

えきねっと(公式サイト)

北陸新幹線内の様子(普通席)

最後に北陸新幹線の車内の様子です。

北陸新幹線 普通席の写真

北陸新幹線の写真 コンセント

旅行していると困るのがスマホの充電がすぐなってしまうところ。

他の新幹線同様北陸新幹線にもコンセントが着いています。

しかし、座席分あるわけではなく、5席に対してコンセントは3つだったので、隣の人と利用が重なってしまうと譲りあったりして使わないといけません。