Zバッファ

元システムエンジニア(SE)でファイナンシャルプランナーの管理人がおくるiPhoneやAndroidスマホなど家電ガジェット系各種レビューと、秘境スポットなどの旅行ネタやロボアドバイザーなどの資産運用関係の体験談を語るライフハックブログ。

スイスフランショックでFX会社からも悲鳴が、、 大手FX会社では230億円以上の損失発生とも

2015年1月15日スイスフランショック

スイス国立銀行が無制限介入を終了すると発表し、ユーロ/スイスフラン(EUR/CHF)の上限1.20が撤廃されたことでスイスフランが歴史的暴騰した昨日。

一夜明けて少しずつ被害状況が伝わっています。

FXCM、IGと世界的なFX会社で多額の損失発生

個人トレーダー達の叫びも聞こえてきますが、それら顧客を抱えるFX会社も巨大な損失が報告されだしています。

世界的なFX会社であるFXCM社では、同社の顧客口座残高はマイナス2億2,500万ドル、日本円で約230億円に達している模様。

同じくCFDのリーディングカンパニーであるIGグループは3000万ポンド、日本円で約50億円の損失の可能性。

と世界各国のFX会社からも悲鳴があがっています。

ソース:FXCM社、スイスフランショックで顧客残高マイナス2億2,500万ドルに

混乱するFX会社の中でもサクソバンクは、同社の顧客に対して約定価格の訂正を行う可能性を示唆、トレーダーは更に不利な状況へと追い込まれる可能性があります。

ソース:ユーロ/スイスフラン暴落で、取引停止するブローカー続出

そのため、今後は日本でのライブドアショックの時のようにトレーダーとFX会社とでの裁判沙汰が世界各地で繰り広げられることになりそうです。