Zバッファ

iPhoneやAndroidスマホなど家電ガジェット系各種レビューと、秘境スポットなどの旅行ネタやロボアドバイザーに仮想通貨などの資産運用関係の体験談を語るライフハックブログ

FUJI Wifiを解約する時の解約日や機器の返却期限に注意

前回紹介した速度制限が無くてお得なモバイルWi-FiのFUJI Wifi

www.zbuffer3dp.com

サービスとしては何かとメリットが多いのですが、解約についてはいくつかの注意点があります。

解約方法

FUJI Wifiの解約方法ですが、マイページかの「解約の手続」から申請を行います。

FUJI Wifiの解約申請

FUJI Wifiの解約申請

契約している端末一式が表示されるので、端末毎に「解約実行」を選択してください。

尚、毎月25日の9:00~17:00は端末の解約が出来ません。

解約日に注意

まず1番気をつけないといけないのが解約日です。

例えば2月末で解約したい場合、いつまでに解約の申請を行う必要があるかというと2月12日までに行う必要があります。

FUJI Wifiは毎月12日が料金の締め日となっているためこのようになっています。

13日以降に解約申請を行うと、解約は翌月末となり、それまでの費用が発生します。

尚、解約申請をしても、解約される月末までは使用することが出来ます。

端末の返却についての注意事項

FUJI WifiはモバイルWi-Fi端末を購入ではなくレンタルしています。

そのため、解約する際は端末の返却が必要となります。

返却期間が短いので注意

そして、ここで注意しなければならないのが返却期限です。

レンタルしていた端末の返却期限ですが、解約月の翌月3日までに返却を完了する必要があります。

例えば3月末に解約した場合、4月3日までに株式会社レグルスへ端末を返却し終える必要があります。

もちろん、解約月の月末よりも早く返却するのは問題ありません。

FUJI Wifiの返却期日がなぜこのように短いのかというと、FUJI Wifiは非常に人気があるため端末のやりくりが大変だからです。

端末を確保できなければレグルスとしては、追加で端末を調達しなければならずコストアップとなってしまいます。

返却期日を過ぎた場合どうなるか

万が一、返却が期日を超えた場合はどうなるかというと、遅延違約金として、返却予定日から起算した月額利用料金が請求されてしまいます。

また、利用可能月を超えてからもしルーターの利用があった場合は、追加で利用料金が請求されます。

(例:解約末日の23時59分までは利用可能、翌月1日の0時からは利用不可)

 

返却方法

モバイルWi-Fi端末を含めたレンタル一式品(マニュアル含む)の返却方法ですが、追跡番号がある方法(レターパックライト、ゆうパケット、ネコポスなど)で下記宛先に返却する必要があります。

【返却先住所】:〒170-0005 東京都豊島区南大塚2-35-7 平文社ビル 7F 【宛名】:株式会社レグルス FUJI Wifi 宛

送料は私達利用者負担となります。

私は全国一律164円で発送できるクリックポストで返却しました。

www.zbuffer3dp.com

クリックポストでFUJI Wifiの機器を返却

クリックポストでFUJI Wifiの機器を返却

尚、マニュアルも返却する必要があるので、忘れずに返送しましょう。

FUJI Wifiの使い方マニュアル

FUJI Wifiの使い方マニュアル

発送したらメールで連絡

レンタルした物品一式の返送手続が完了したら、メールで追跡番号や何で発送したかを連絡します。

解約申請した時にレグルスからメールが来ているはずなので、それに返信する形でメールを送りました。

その後、1週間から10日程度経過するとレグルスから返却された端末について、下記のような確認が取れた旨の連絡があります。 

株式会社レグルス FUJI Wifiお客様サポートでございます。

本日、ご返送いただきました端末の確認ができました。

丁寧にお取り扱いいただきましてありがとうございます。 また機会がございましたら、弊社サービスをご検討いただけますと幸いでございます。 何卒よろしくお願い申し上げます。

これでFUJI Wifi解約に伴う手続は全て完了となります。