Zバッファ

iPhoneやAndroidスマホなど家電ガジェット系各種レビューと、秘境スポットなどの旅行ネタやロボアドバイザーに仮想通貨などの資産運用関係の体験談を語るライフハックブログ

FUJI Wifiは本当に速度制限が無いのか?利用して感じたメリットとデメリットを解説

FUJI Wifi

FUJI Wifi(フジワイファイ)

昨年モバイル回線及びモバイルルータを提供するFUJI Wifi と呼ばれるサービスを契約して実際に数ヶ月間利用してみました。

利用してみて思った以上に使い勝手が良かったので固定回線の変わりに利用するのもありだなと感じたので、これから新しい家に引っ越したりしてネットの環境を整えたい人や準備する方へ参考になればと思い、FUJI Wifiがどんなサービスなのかここでは紹介していきたいと思います。

FUJI Wifiとはどんなサービスなのか

FUJI Wifiは株式会社レグルスが提供するモバイル回線とモバイルルータを利用者に提供するサービスです。

モバイル回線とモバイルルータを提供する会社は他にも色々とありますが、FUJI Wifiはが他と比べてどんなところが違うのか、そしてどんな特徴を持っているのでしょうか。

FUJI Wifiを利用するうえでのメリットとデメリットについて解説していきます。

メリットについて

通信回線がMVNOではなくキャリア回線のMNO

FUJI Wifiで利用する回線はソフトバンクの回線かauの回線となります。

そしてこれらの回線は、昨今スマートフォンで多く利用されるMVNOの格安SIMとは異なり、キャリアの回線をそのまま利用しています。

そのため、お昼時でも通信速度が大きく低下するという現象はあまり発生しません。

速度制限が無い

FUJI Wifiを利用しようと検討している人は、家で固定回線の変わりに利用することを考えている方や、仕事で大容量の通信を毎月使う人です。

こういった場合に懸念となるのが通信速度の制限です。

いわゆる格安SIMでは、利用する会社によって異なりますが直近3日間で3GB使ったりするとその翌日から大幅な通信速度制限が加えられてしまいます。

そうなると動画視聴や仕事での作業に支障をきたしてしまいます。

それがFUJI Wifiだと下記料金プランを選択した場合、速度制限を受けることが基本的にはありません。

  • 4G/LTEいつも快適プラン(月額6000円)
  • 100ギガプラン(月額3800円)
  • 50ギガプラン(月額3100円)
  • 25ギガプラン(月額2500円)
  • 10ギガプラン(月額2300円)

これを目当てにFUJIWifi を契約する人が増えているわけです。

但し、データ無制限の4G/LTEいつも快適プランについては、2017年7月にソフトバンクから指導が入り、規制強化が行われている旨が報告されています。

「4G/LTEいつも快適プラン」の月間データ使用量につきまして、回線元からの指導があり 通信品質及びネットワーク利用の公平性を保ち、できる限り多くのお客様の利便性を高めるため 従来より規制の強化が行われるとのことです。 ※回線元の判断により異常な通信量のヘビーユーザーとみなされた場合、速度制限が発生いたします。

出典:「4G/LTEいつも快適プラン」につきまして | FUJI Wifi @ biz

端末はレンタルなので購入費が不要

FUJI Wifiでは他の会社が提供するサービスと異なり、モバイルルータを購入するのではなくレンタルする形となります。

そのため契約時に端末を購入して用意する必要はありません。

尚、上記で紹介した料金プランの月額費用に端末のレンタル費用も含まれています。

最低利用期間が無いため解約料も無し

続いて他のサービスとの差別ポイントとして挙げられるのが最低利用期間が無いことです。

他のモバイルルータでは携帯電話の大手キャリアのように24ヶ月や25ヶ月といった2年契約の縛りが存在します。

それに対してFUJI Wifiではそういった契約期間の縛りがありません。

当然契約期間の縛りが無いですから、いつ解約しても解約料は発生しません

契約期間に縛りが無い代わりにWiMAXなどで行われているキャッシュバックキャンペーンなどはありませんが、契約期間の縛りが無いのに、先程紹介したような安い料金で利用出来るのは非常に魅力的です。

バッテリーが無償交換

FUJI Wifiを1年以上継続して利用した場合は、モバイルルータのバッテリーを無償で交換してくれます。

バッテリーは使っているうちに劣化して、満タンに充電しても利用できる時間は短くなってしまうので、バッテリーを交換を無償でおこなってくれるのは嬉しいサービスです。

WiMAX2がUQ WiMAXよりも30%以上安い

FUJI WifiにWiMAX2とauのLTE回線を月々2980円で使い放題のプランが最近登場しました。

その名は「WiMAX2+with au 4G/LTEプラン」。

これをWiMAXの大手であるUQ WiMAXの使い放題プランである「UQ Flatツープラス ギガ放題プラン」と料金や契約内容について比較してみます。

  FUJI Wifi

UQ WiMAX

月額料金 2980円 4380円
LTE回線利用オプション料 無し 1005円
契約期間 無し 2年~3年
解約違約金 無し

1万4000円~1万9000円

上の表を見てもらえればFUJI Wifiの圧倒的なコストパフォマンスの良さを実感できると思います。

WiMAXの回線だけでなくauのLTE回線を利用する場合は、UQ WiMAXの2年契約だと月額1005円かかるのでFUJI Wifiはそれと比べると約半額という安さです。

また、FUJI Wifiは安いだけでなく、2年や3年といった契約期間の縛りもありません。

UQ WiMAXの使い放題のプランでは2年から3年の契約縛り期間があるため、途中で解約すると1万4000円から1万9000円にも及ぶ違約金が発生します。

WiMAXを利用するならばFUJI Wifiを選択しない理由が見当たりません。

尚、速度制限についてはFUJI WifiもUQ WiMAXも同じで、直近3日間で10GB以上利用すると速度制限がかかります。 

尚、FUJI WifiのWiMAXプランには「WiMAX2 + with au4G / LTE 月々割プラン」というものがありますが、個人利用者にとっては特に安くなるというメリットはありません。

デメリットについて

支払いはクレジットカード払いのみ、デビットカード不可

ここからはFUJI Wifiのデメリット面についても触れておきます。

まずデメリットの1つとして挙げられるのは支払い方法がクレジットカード払いのみということです。

口座振替はありません。

また、クレジットカードのように使えるデビットカードも使用出来ません。

個人的には、他の支払い手段があってもポイントが貯まってお得なクレジットカード払いを選択しますが、クレジットカードが作りにくい学生の場合もあるのでデメリットとして挙げました。

料金が値上げされ始めている

ここまで本記事を読んでもらえれば分かるように、FUJI Wifiは非常にコスパが良いモバイル回線です。

そのため利益が出ているのか気になるぐらいでしたが、その懸念は徐々に顕在化しており利用料金が、これまでに何回か値上げされています。

例えば、私は2017年8月に4G/LTEいつも快適プランを契約したのですが、その時は月額税込みで4838円でした。

FUJI Wifiの利用料金支払い明細

FUJI Wifiの利用料金支払い明細

それが今では税込みで6489円まで値上がりしています。

因みに、私が契約するよりも更に前は3218円でしたから、その時と比べると2倍近く料金が値上がりしてしまっています。

尚、月額料金は契約時の料金が適用されるので、今よりも安かった時に契約した人は、今もその費用で利用出来ていますので、使ってみたいと思った時は早目に契約した方が良いです。 

FUJI Wifiの契約方法について

ここからはFUJI Wifiを実際に使ってみたいという方に向けて、契約方法について解説していきます。

FUJI Wifiを利用するには、レグルスの会員になる必要があります。

会員になるのは、楽天やAmazonのような他のwebサービスと同じでに無料です。 

 

会員登録する際には運転免許証やパスポートなどの本人確認書類が必要となります。

尚、本人確認書類が用意できないという方は、本人確認書類が不要な同等サービスとしてはfamifiというサービスもあります。

famifiは、直近3日間の利用量によっては速度制限はありますが、FUJI Wifiと同じく使い放題で契約縛りがありません。

 

レグルスの会員登録が完了したら発行されたIDとパスワードを使ってマイページにログインします。

マイページではモバイルWi-Fiの新規申込みや契約内容の確認に、解約手続が出来ます。

FUJI WifiのマイページからモバイルWi-Fiの新規申込み

FUJI WifiのマイページからモバイルWi-Fiの新規申込み

マイページ内の「新規お申し込み」を選択して、下記契約プランなどを選択して申込みを行います。

  • 契約プラン
  • 契約台数
  • ACアダプタの購入有無と購入個数
  • 利用開始時期
  • クーポンコード(持っている場合は)

因みに、モバイルルータの充電をUSBケーブルで行う人はACアダプタの購入は必須ではありません。

またクーポンコードはFUJI WifiのTwitterなどでお知らせされる場合がありますが、最近は人気が高いため期待薄です。

そしてFUJI Wifiのモバイルルータ一式がゆうパケットで送られてきました。

FUJI Wifiから送られてきた物一式

FUJI Wifiから送られてきた物一式

送付物一式にはモバイルルータ以外に使い方を記したマニュアルが入っています。

FUJI Wifiの利用ガイド

FUJI Wifiの利用ガイド

尚、この利用ガイドは、解約時に返却することになるので捨てないように注意してください。

www.zbuffer3dp.com

富士ソフト製のFS030Wを使用

さて今回私の元へ送られてきたモバイルルータですが、富士ソフト製のFS030Wでした。

FUJI Wifiで利用した富士ソフト製のFS030W

FUJI Wifiで利用した富士ソフト製のFS030W

以前は他にも数種類のモバイルルータがレンタル出来ましたが、2018年1月末時点ではこのFS030Wのみとなっています。

FS030Wの詳細スペックは下記富士ソフトのサイトをみて頂ければと思いますが、主なスペックは以下のようになっています。

  • USB2.0
  • 無線LAN:2.4GHz/5GHz
  • Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n/ac
  • 連続通信時間:約20時間(LTE通信時)
  • 連続待受時間:約600時間
  • 同時接続台数:15台
  • 重さ:約128g

+F FS030W 製品詳細|富士ソフト株式会社

 

FS030Wですが実際に使ってみると軽くて小さいので持ち運びにも便利でした。

FS030Wの裏蓋を明けてバッテリー部分を確認してみるとバッテリー容量は3060mAhでした。

FS030Wのバッテリー

FS030Wのバッテリー

そしてバッテリーを外すと、ソフトバンクのSIMカードが挿入されている事が分かります。

FUJI WifiのルータにはソフトバンクのSIMが使われている

FUJI WifiのルータにはソフトバンクのSIMが使われている

FUJI Wi-Fiを使ってみた評価

送付されてきたFS030Wの電源を入れて、手持ちのiPhoneをWi-Fiで接続して、通信速度を測定してみました。

測定したのは、平日のお昼12時前後といういつも回線が混雑してスピードが出ない時間。

iPhoneでは格安SIMのLINEモバイルを使っていたのですが、それだと1Mbpsも出ませんでしたが、FUJI Wifiに接続して測定するとダウンロードで20Mbps以上の速度が出ました。 

www.zbuffer3dp.com

平日昼間にこれだけの速度はMVNOだと出ません。

流石ソフトバンクのキャリア回線を利用しているだけのことはあるなと感じましたね。

そして、自宅のPCやPS4など他の機器をFUJI Wifiに接続してAmazonプライムビデオなど動画を視聴し続けましたが、特に速度が遅くて視聴に支障をきたすようなことはありませんでした。

これだけの回線品質でありながら速度制限が実質無いサービスを月額2000円から利用できるのは中々ありません。

家の固定回線を考えている方や、仕事で使うことを考えている方は一度検討してみるといいと思います。

FUJI Wifi公式サイト