Zバッファ

元システムエンジニア(SE)でファイナンシャルプランナーの管理人がおくるiPhoneやAndroidスマホなど家電ガジェット系各種レビューと、秘境スポットなどの旅行ネタやロボアドバイザーなどの資産運用関係の体験談を語るライフハックブログ。

楽ラップの評判と実際に50万円半年間投資した実績を公開

ネット証券大手の楽天証券は2016年7月に楽ラップというラップ口座のサービスを開始しました。

楽天証券としては、フィンテック(Fintech)第一弾のサービスと謳っている楽ラップをサービス開始直後に50万円実際に投資して半年間運用してきたので、その実績と実態について利用者の視点で紹介していきます。

フィンテック(Fintech) - Wikipedia

ラップ口座とは

楽ラップを語るうえでまずはラップ口座について簡単に確認しておきたいと思います。

一言でいえば、お金だけ出して投資する銘柄や投資信託などの選別を全てお任せする(一任する)というものです。

www.smtb.jp

投資者は、金融機関に自分の運用方針や資産状況などの情報を提供して、金融機関側はそれらの情報を元に投資戦略を立てて、投資する銘柄や投資信託を選別して投資を行います。

そのため、投資経験が無い人などの利用が想定されていますが、それ故に手数料が高い投資信託などで運用して、金融機関の利益に繋がる運用がなされるなど大手金融機関のカモにされているという側面もあります。

金融商品の難しいところは手数料が高い商品が必ずしも高い利益を生むとは限らないところにあります。

また、金融機関の担当者をはじめ、ファイナンシャルプランナー(FP)などは投資に関する知識を持ち合わせていますが、だからといって、自らがちゃんと投資で利益を挙げられるような人達ではないということです。

もしFPに相談する場合も、その人が投資でどれだけ実績をあげているかを確認して相談しましょう。

自分では投資で利益を出せない人に相談しても仕方ないですからね。

話が少し脱線してしまいましたが、ラップ口座というのは投資の運用をお任せするという事を理解しました。

それでは楽天証券が始めた楽ラップ口座は何が違うのでしょうか?

楽ラップの特徴

楽ラップが従来のラップ口座と異なるのは、投資の運用方針を人が決めるのではなく、ソフトウェア(ロボット)が決めるというところにあります。

それ故にロボ・アドバイザーであったり、AI投資などと言われたりもします。

そのため、システム開発費やシステムを運用するためのインフラ費用が発生しますが、人件費は発生しません。

そのおかげかどうかは分かりませんが、楽ラップは従来の人が介在していたラップ口座と比較して非常に低い手数料となっています。

手数料が安い

楽ラップの手数料は固定報酬型と成功報酬併用型があります。

これは従来の対面方式のラップ口座と同じような体系です。

手数料 | 楽ラップ | 楽天証券

固定報酬型は年間で運用資産額に対して0.54%から0.7%の手数料が発生します。

それに対して成功報酬併用型は、運用資産額に対して0.43%から0.59%の手数料が発生し、尚且つ利益額に対して5.4%の手数料が発生します。

即ち、運用成績がずっと悪ければ成功報酬併用型の方が手数料は安く済みます。

私自身は固定報酬型で運用を行いました。

最低投資額が低い

楽ラップは10万円から運用が可能です。

これが従来の対面型ラップ口座の場合は、最低投資額が300万円だったり500万円からだったりします。

10万円で運用する人に窓口に相談に来てもらっても、人件費が高くつくだけで金融機関の利益にならないからだと考えられます。

 

楽ラップでの運用開始

楽ラップで運用するためには楽天証券の口座開設が必要となります。

私の場合は、以前から楽天証券を利用していたので直ぐに楽ラップを利用することが出来ました。

楽ラップでまず最初に行うことは、15問前後の質問に答えることから始まります。

これによって投資家(私)の運用思考や性格を把握し、それに合わせた資産運用を提案してくれます。

楽ラップの診断

質問内容としては以下のような内容になっています。

その時々が変わる内容もあると思いますが、見てもらえれば分かるように性格診断のような内容です。

  • 性別
  • 年代
  • 交流会に参加したところ、知り合いが1人もいませんでした。あなたはどうしますか?(何もせずに変える、話し掛けられるまで待つ、とりあえずお薄を見てから動き出す、積極的に話掛ける)
  • 少し体の調子が悪いと感じました。どうしますか?(すぐに病院に行く、ネットで調べて、緊急であれば病院に行く、とりあえず様子を見る、薬には絶対たよらない)
  • 年始にデパートに行ったら福袋が売られていました。どうしますか?(絶対に買わない、中身がある程度わかるようなら買う、余裕があればとりあえず買う、絶対買う)
  • 金融商品に対する投資によって期待する収益額としてどれが近いですか?(良い食事がとれるくらい、海外旅行にいけるくらい、車が買えるくらい、家が買えるくらい)
  • 投資歴は何年ですか?
  • 金融商品に対する投資は総資産のどれくらいの比率が適切だと感じますか?

楽ラップの質問内容

 

全ての質問に答え終わると、下のように自分の性格についてロボットの判断が表示されます。

楽ラップの質問内容から求められた回答

そして運用コースを見ていると、これから投資する資産のポートフォリオ(資産配分)が表示されます。

私の場合は、国内株式、海外株式、国内債権、海外債権が大体同配分に、そして不動産投資信託であるREITが少しという割合でした。

楽ラップで運用したポートフォリオ

f:id:Uranff:20170104124439j:plain

 

楽ラップで50万円を半年投資して運用した結果

このような提案に基づいて50万円を入金して約半年間楽ラップで運用してきました。

結果としては2016年末時点で約1万4000円の含み益という結果だったので、投資額に対して2.8%の利益率ということになりました。

楽ラップで半年間運用した結果

楽ラップでは手数料を抑えるために日経平均株価やアメリカのダウ工業株30種平均などに連動するように設計されているインデックスファンドで運用されています。

今回私の口座で運用された投資信託は下記のようになっていて、日本株をはじめ先進国全般に投資する投資信託、代表的な新興国株式市場に投資する投資信託などで運用が行われていました。

先進国株と先進国債券はいずれも為替ヘッジありの投資信託で運用されていたため、ここ最近の円安の恩恵を受けれていないですね。

楽ラップで運用される投資信託リスト

手数料が引かれるタイミング

楽ラップの手数料が引かれるタイミングですが、年率に基づいた額が1月毎に分散して収集されていました。

楽ラップでの取引売買履歴

ポートフォリオの定期的な見直しについて

楽ラップの特徴の1つとして、ポートフォリオの見直しが自動で行われ、それに伴う資産配分のリバランスも自動で行われることが謳われています。

楽ラップの特徴

しかし、半年間運用してきて売買履歴を確認したところ、投資信託の分配金が再投資された以外の行為は見られませんでした。

楽ラップでは分配金は再投資される

ただこれだけでは、本当にロボット運用がなされているのかどうかを疑うことは出来ません。

前述した質問に私が回答した内容から判断したした内容に依存しているとも考えられます。

如何せんサンプルが私1人なのでなんとも良いようがありません。

他のロボアドバイザーサービスと比較

楽ラップと同様のロボアドバイザー用いたラップ口座サービスとしては

などがあります。

手数料の比較

手数料で比較するとTHEOとウェルスナビは年率1%、8Nowが年率0.88%ということで楽ラップが1番安いです。

最低投資額は、THEOと楽ラップが10万円からとなっているのに対してウェルスナビは30万円(2017年6月以前は100万円からだった)からとなっているため少し敷居が高いです。

8Nowについては特に制限事項についての言及が見当たりませんでした。

投資商品の違い

楽ラップがインデックス投資信託へ投資するのに対してTHEOやウェルスナビなどは海外ETFへ投資を行います。

ただ、インデックス投資信託もその実態・中身は海外ETFで運用しているケースも多いです。

その他としてはウェルスナビは銀行口座などの金融機関からの自動引落に対応した自動積立に対応しているので積立投資が可能です。

その他細かいところまで改めて各社のロボアドバイザー投資サービス比較してみた内容を下記記事にまとめました。

ロボアドバイザー投資サービス6つを徹底的に比較検討した結果

楽ラップの評判

楽ラップの評判について、専門家はどうみているのだろうか?

楽ラップをリリースした楽天証券に所属する経済評論家で、常日頃証券会社のラップ口座に批判的な山崎元さんの意見は見どころだ。

column.ifis.co.jp

このコラムを読んで山崎さんの意見は下記コメントに集約されていると思う。

筆者の結論を述べると「最終的には楽ラップも含めて合理的な投資家にラップ運用は要らない。だが、楽ラップは他のラップ運用やバランスファンドと比較して、相対的に優れているというものだ。

 

さて、ネット上を検索してみると私同様に楽ラップを実際に試している人のブログなどもある。

中には動画をyoutubeに公開している人もいたので紹介しておきます。

 

個人的な楽ラップの評価

こういった金融商品への投資はたった半年だけの結果では判断出来ませんが、個人的には自動積立に対応するまでは楽ラップの利用は中断します。

長期で資産運用して成果を出していくためには自動積立は必須だと思っているからです。

現状それに対応しているのはウェルスナビと松井証券の投信工房だけです。

www.zbuffer3dp.com

まだ日本では始まったばかりのロボ・アドバイザー資産運用なので、これから更に差別化がもっと進んでいくことでしょう。