Zバッファ

iPhoneやAndroidスマホなど家電ガジェット系各種レビューと、秘境スポットなどの旅行ネタやロボアドバイザーに仮想通貨などの資産運用関係の体験談を語るライフハックブログ

iPhone本体の保証でapplecareより安くて良い保険について

 iPhone本体の保証といえばアップルのAppleCare+が有名です。

 しかし、AppleCare+へ加入すべきなのか悩む人も多いのではないでしょうか。

その理由はAppleCare+の費用にあります。

AppleCare+加入費用を確認

まずはapplecareについて加入費用を確認しておきます。

applecareは対象となる端末によって費用が変わります。

  1. iPhone8やiPhone7の場合は、税込み1万5984円
  2. iPhone8PlusやiPhone7Plusの場合、税込み1万8144円
  3. iPhone Xの場合、税込み2万4624円

 元々高額なアップルケアですが、iPhone Xは更に高額となっています。

それではこれだけの費用を払ってアップルケアに加入するメリットはあるのでしょうか?

iPhoneの修理費用について確認していきましょう。 

iPhoneの修理費用を確認

まず1番修理費用が高額となるのが、本体の修理費用です。

アップルケアに加入している場合は、どの端末でも1万1800円の自己負担で修理が可能となっているのに対して、保証が切れた状態だとその3倍から6倍の自己負担金となります。

特にiPhone Xに至っては保証が切れている状態だと6万円もの自己負担金となるので、かなりハイスペックなSIMフリースマホが購入できる金額となります。

iPhone本体の修理費用

モデル AppleCare+ に加入済み場合 保証対象外
iPhone X 11,800 円 60,800 円
iPhone 8 Plus 11,800 円 43,800 円
iPhone 8, iPhone 7 Plus 11,800 円 38,800 円
iPhone 7 11,800 円 35,800 円
iPhone 6s Plus, iPhone 6 Plus 11,800 円 36,800 円
iPhone 6s, iPhone 6 11,800 円 33,800 円
iPhone SE 11,800 円 30,800 円

出典:https://support.apple.com/ja-jp/iphone/repair

 

次に画面だけ壊れた場合の修理費用について確認してみます。

iPhoneの画面修理費用

iPhoneのディスプレイだけの修正であれば、applecareに加入しているとどんな端末でも3400円の自己負担で修理が可能です。

モデル AppleCare+ にご加入の場合 保証対象外
iPhone X 3,400 円 31,800 円
iPhone 8 Plus, iPhone 7 Plus, iPhone 6s Plus 3,400 円 19,800 円
iPhone 8, iPhone 7, iPhone 6s, iPhone 6 Plus 3,400 円 17,800 円
iPhone 6, iPhone SE 3,400 円 14,800 円

出典:iPhone の画面の修理・交換 - Apple サポート 公式サイト

 

それに対して保証が切れている状態だと、iPhone Xでは3万円以上の自己負担となってしまいます。

このように特にiPhone Xにおいて、applecareの恩恵が感じられる内容となっています。

iPhoneは1年間の保証あり

確かにapplecare加入によって修理費用は大幅に節約できることが分かりました。

しかし、ここで忘れてならないのが、そもそも新品で購入したiPhoneについては、1年間のハードウェア保証が付いている点です。

applecareは、そのハードウェアの保証を更に1年間延長する保険商品にすぎないのです。

そのため、毎年iPhoneの新型に乗り換えるという人にとっては、applecareに加入するメリットは少なくなります。 

applecare以外の保証について

ここからはapplecare以外でiPhone本体の保証をする方法について考えていきます。

中古のiPhoneであったり、iPhone以外のスマホにおける保証について考えている人にも役立つかと思います。

クレジットカードのショッピング保険

まずお手軽なのが、クレジットカードに付帯するショッピング保険です。

ショッピング保険が付帯するクレジットカードで、iPhoneの購入代金を支払うことで、故障に伴う修理費用が補償されます。

しかし、ショッピング保険が付帯されるクレジットカードは多々あるのですが、その殆どはスマホの故障については対象外となっています

また、ショッピング保険でスマホが対象になっているクレジットカードでも、その保険期間は購入日から約3ヶ月間の90日間となっています。

そんな中において、1番保険が充実しているのが年会費無料のイオンカードです。

年会費無料でありながら、ショッピング保険でスマホの故障に対応しています。

更に、保険期間も私が知りうる限り唯一約半年となる180日間と長くなっています。

お金をかけずにこれだけの補償を得られるのはイオンカードだけです。

因みに、年会費無料のベネッセ・イオンカードに加入すると、ビックカメラのポイントアップクーポンをいつでも入手できます。 

www.zbuffer3dp.com

クレジットカードの携行品損害保険

次にクレジットカードに紐付いて加入することができる携行品損害保険について紹介します。

先程紹介したショッピング保険と比べると、保険期間が長いことがメリットとなります。

ただ、この携行品損害保険もその大部分は、スマホの故障や破損については対象外となってしまっています

そんな中でお勧めなのが、セゾンカードを保有している人だけが加入できる「Super Value Plus」というオプションサービスになります。

セゾンカードのSuper Value Plus

セゾンカードのSuper Value Plusパンフレット

このオプションサービスの中には色々な保険があるのですが、その中で「お買物安心プランの充実コース」に加入すると、外出中にスマホが盗難にあったり、スマホを落として壊してしまった場合に10万円を限度に保険金が出ます。

お買物安心プラン(充実コース)の内容

お買物安心プラン(充実コース)の内容

お買物安心プランの充実コースの携行品損害保証内容

お買物安心プランの充実コースの携行品損害保証内容

月々300円の保険料が発生しますが、ショッピング保険と違って保険期間が90日や180日と決まっているわけではなく、保険に加入している限りは保証される点が大きなメリットです。

そして、300円という低コストでスマホの盗難や破損について保証が得られるのは中々ありません。 

モバイル保険

さくら少額短期保険が月々700円の保険料でスマホの破損について修理費用を保証するモバイル保険というものがあります。

特徴は、1年間の間一回あたり10万円までであれば何回でも保証してくれる点です。

ただ、1年の間になんども修理が必要となるような人でもないかぎり月々700円の保険料は他に比べて高いといえます。

mobile-hoken.com

MVNOが提供する端末保証

SIMフリーのiPhoneを利用している場合、格安SIMを契約して利用している人も多いことでしょう。

そんな場合に使えるのが、格安SIMを提供しているMVNOが提供している端末保証です。

端末保証というと、SIMの契約と一緒にスマホを購入した場合にしか加入できないと考えてしまいますが、MVNOでは、元々自分で持っているスマホに対して端末保証プログラムを付けることが出来ます。

殆どのMVNOでは月額500円で、元々自分で購入したスマホに対して保証を付けてくれます。

尚、保険料が1番安いのはNifMo の「あんしん保証 for SIMフリー」で、月額380円となっています。

注意点としては、盗難や紛失については保証対象外という点です。

先程紹介したモバイル保険やセゾンカードのオプションサービスである携行品損害保険ではスマホの盗難も保証されます。

こういった事からも、セゾンカードのオプション保険サービスが月々300円なのが魅力的なのが分かります。