読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Zバッファ

iPhoneやAndroidスマホなど家電ガジェット系レビュー記事中心。秘境スポットなどの旅行ネタやふるさと納税などの節約ネタ、投資ネタなど幅広く解説しているライフハックブログ。

アンドロイド6.0のキャッシュ削除方法

スポンサーリンク

日本のキャリアから販売されているスマホでもXperiaを中心にAndroid6.0 Marshmallowへのアップデートが徐々に進んでいます。

Android6.0 Marshmallowの新機能については下記記事を見てもらえればと思うのですが、今回はAndroid5以前はアプリで可能だったキャッシュクリアがAndroid6.0では出来なくなっている点について紹介します。

www.zbuffer3dp.com

アンドロイド6.0はアプリによるキャッシュ削除が出来ない

アンドロイドにはiOSとは違ってメモリやキャッシュ削除系のアプリが純正アプリストアのGoogle Playにたくさんあります。

私が使っているCCleanerもその1つです。

play.google.com

アンドロイド5まではCCleanerなどのメモリやキャッシュ削除系アプリでスマホに貯まったキャッシュを削除・除去することが出来ましたが、アンドロイド6.0からはサードパーティ製アプリに、その権限を許しておらず削除出来なくなっています。

Android6.0 CCleanerキャッシュ削除

アンドロイド6.0でキャッシュを削除する手順

そもそも基本的にはキャッシュを削除する必要はありません。

しかし、動作が不安定だったり、長い期間使用していて、容量を圧迫してきた場合などにはキャッシュを削除したいものです。

しかし、アンドロイド6.0では上で述べたようにアプリでのキャッシュ削除は出来ません。

そのため、基本機能から行う必要があります。

まずは、設定を開いて、その中の「ストレージとUSB」をタップします。

Android6.0キャッシュ削除

そうすると、キャッシュデータとしてどれだけ容量を使っているかが分かります。

私の場合だと、872MB使っている状態でした。

Android6.0キャッシュ削除手順

キャッシュデータというところをタップします。

すると、「キャッシュデータを消去しますか?」というポップアップメッセージが表示されるので、OKをタップします。

Android6.0キャッシュ削除完了

これでキャッシュの削除は完了です。

Android6.0キャッシュ削除による容量削減

キャッシュとして使われていた容量が削減されたことが分かります。

操作自体については、ここまで紹介したように特に手間取ることなく非常に簡単ですので、アンドロイド6.0にアップデートした端末やプレインストールされているスマホを使っている方で動作不安定だなとか、遅いなと思った方は試してみてください。