読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Zバッファ

iPhoneやAndroidスマホなど家電ガジェット系レビュー記事中心。秘境スポットなどの旅行ネタやふるさと納税などの節約ネタ、投資ネタなど幅広く解説しているライフハックブログ。

Android7.0の新機能で知っておきたい便利機能10選

スポンサーリンク

Android7.0

グーグル先生いわくAndroid7.0では250以上の機能強化が行われています。

その中には開発者向けの機能強化であったり、セキュリティの強化など普通の利用者にとっては特に意識することなく利用する機能も数多く含まれています。

そこで、今回は私達一般のスマホ利用者にとって便利となる機能に絞って使い方や設定方法について解説していきたいと思います。

Android7.0の便利新機能機能

マルチウィンドウ機能

1つの画面で2つのアプリを同時に利用することが出来るようになりました。

タブレットやファブレットなど大画面でより威力を発揮する機能です。

使い方はアプリ履歴ボタンをタップします。

Androidアプリ履歴ボタン

マルチウィンドウで表示したいアプリを選択したまま「分割画面を使用するにはここにドラッグします」と書かれている場所までドラッグします。

Android7.0マルチウィンドウ使い方

尚、マルチウィンドウ未対応のアプリは「アプリで分割画面がサポートされていません」と表示されます。

Android7.0マルチウィンドウは未対応アプリでは使えない

2つのアプリを表示すると、その境界部分に「➖」が表示されます。

この「➖」をドラッグすることで2つのアプリの表示領域を変更できます。

Android7.0でマルチウィンドウを表示した状態

Android7.0マルチウィンドウのサイズ変更

 

メッセンジャー系アプリに便利なダイレクト返信機能

Android7.0からはアプリを開かずに通知から直接返信することが可能となりました。

下記はグーグルのメッセンジャーアプリでキャリアEメールが届いた時の例になります。

左下に「返信」というリンクが表示されるようになりました。

Android7.0新機能通知からの直接返信機能

「返信」をタップすると、メッセージ入力欄が表示されます。

そして、メッセージを入力して飛行機アイコンをタップすると返信が行われます。

まだ対応していないアプリもありますが、メッセンジャー系のアプリでは重宝しそうな新機能です。

Android7.0通知からの直接返信機能画面

 

クイックパネルのデザイン変更

Android7.0ではクイックパネルの表示デザインが一部変更されました。

下の図のように、設定アイコンが一列に小さく並ぶようにデザインが変更されています。

これによって、従来であればウィジェットアプリなどをインストールしてホーム画面に設定へのショートカットを置いていたのが標準機能でも代替できるようなりました。

Android7.0ではクイックパネルデザインが変更に

 

クイックパネルの表示カスタマイズ

クイックパネル画面に表示する内容のカスタマイズはAndroid6.0でも隠し機能として用意されていましたが、正式にカスタマイズできるようになりました。

www.zbuffer3dp.com

クイックパネルを開いて、更に下にスワイプすると右下に「編集」が表示されるようになったので、これをタップします。

Android7.0ではクイックパネルのカスタマイズが可能に

後は、クイックパネルに表示させたい、設定アイコンをドラッグアンドドロップするだけです。

クイックスイッチ機能

Android7.0からはアプリ履歴ボタンをダブルタップすると直前に開いていたアプリが表示されるようになりました。

Android7.0新機能クイックスイッチ

ワンタップだと従来通りアプリ履歴の一覧が表示されます。

表示サイズ変更

従来からフォントサイズの変更は出来ましたが、Android7からはホーム画面やメッセンジャーアプリのアイコンなども含めて表示サイズを大きくしたり、小さくできるようになりました。

この設定は、[設定]→[ディスプレイ]→[表示サイズ]から設定変更できます。

Android7.0の表示サイズ変更機能

表示サイズをタップすると下記画面になります。

Android7.0のアイコンなどの表示サイズを変更

表示サイズは5段階で調整可能です。

マイナスからプラスにそってスワイプすることで設定を変更できます。

設定を変えると、プレビュー画面のサイズも変わるので自分にとって見易いサイズに変えてみましょう。

表示サイズが調整できるのは、メッセージング、アプリ一覧、設定の3つです。

アプリ履歴の一括削除機能

XperiaなどNexus以外のAndroidスマートフォンではすでにメーカー側のAndroidOSカスタマイズによって提供されていたアプリ履歴の一括削除機能がやっとAndroidOSの機能として提供されました。

アプリ履歴を表示し、アプリカードを下にスクロールすると右上に「すべて消去」と表示されるので、それをタップすることでアプリ履歴を一括で削除することが出来ます。

Android7.0ではアプリ履歴を一括削除可能に

 

データ通信が節約できるデータセーバー機能

Android7から新たにデータ通信を節約できるデータセーバー機能が追加されました。

この機能は初期状態ではオフになっています。

設定は、通知画面からもアクセスできますが、[設定]→[データ使用量]→[データセーバー]からアクセスできます。

 

Android7.0の通信節約機能データセーバー機能

データセーバー機能をオンにするとバックグラウンドでのデータ送受信が制限されます。

格安SIMなどでデータ容量を気にする際などに活用できる機能です。

通信データ容量を気にする必要が無いときはオフにしておきましょう。

データセーバー機能の有効化

 

バッテリー節約機能の改善

Android7.0のバッテリー節約機能

Android6から搭乗したバッテリー節約機能の「Doze」が改良されています。

「Doze」はスリープ中などスマホがアクティブでないときのバッテリー消費を抑える機能ですが、Android7.0からは端末をロックするとすぐに「Doze」モードに移行するようになりました。

これまでは端末が静止状態になった時に「Doze」モードに移行していたのですが、これによって衣服のポケットやバックの中に入れている状態でも「Doze」モードが有効になるようになりました。

その他Android7.0での機能改善内容

Android7.0ではこの記事の最初で紹介したように250以上の機能強化が実施されています。

特に設定が必要であったり、実際に私達の目に見える機能を紹介してきましたが、それ以外でも下記のような性能アップや改善が行われています。

  • 端末起動の高速化
  • 暗号化の強化(セキュリティ強化)
  • OSのバックグラウンドアップデート機能(Android7プリインストール端末のみ)
  • 3Dグラフィックの性能強化
  • サポートする絵文字の拡大
  • バイリンガル向けに利用言語の優先順位付け機能

出典:

Android7.0 グーグルジャパン

www.android.com

Android7.0がプリインストールされた最初のスマホはLG V20

新しいAndroidがプリインストールされた最初のスマートフォンは通常新しいNexusが担うのですが、今回のヌガーに関してはLGのV20という端末がAndroid7.0をプリインストールした最初の端末になることがAndroid7.0のサイトで紹介されています。

Android7.0がプリインストールされた最初のスマホはLG V20

Android7.1でも新機能が追加

Android7のマイナーアップデートであるAndroid7.1ではバグ修正やセキュリティー強化以外にもいくつかの新機能が追加されます。

早速ベータ版をNexus5Xにインストールして新機能を試してみたのを記事にしました。

www.zbuffer3dp.com