読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Zバッファ

iPhoneやAndroidスマホなど家電ガジェット系レビュー記事中心。秘境スポットなどの旅行ネタやふるさと納税などの節約ネタ、投資ネタなど幅広く解説しているライフハックブログ。

amazonプライムの10大特典と年会費を無料にする方法

スポンサーリンク

Amazonプライムは年間費3900円(税込)で色々な特典を受けられることで知られるAmazonの有料サービスです。

特に最近一般利用者に対してはAmazonで2000円未満の買い物については配送料を無料から有料(350円)になったため、Amazonプライム会員への関心が非常に高まっています。

私も、興味本位でプライム会員に登録したのですが、月々僅か325円でビデオの見放題サービスであったり、音楽聞き放題のサービスが利用できるので、毎日の通勤時であったり、週末や夜の暇な時間にかなり重宝しています。

Amazonプライム 30日無料体験紹介ページ

Amazonプライム会員になることで受けられる特典サービス

Amazonプライム会員になると以下の優遇を受けることが出来ます。

  1. 2000円未満でも送料無料
  2. お急ぎ便が無料
  3. お届日時指定が無料
  4. PrimeNowが利用可能
  5. 動画見放題のAmazonプライム・ビデオが利用できる。
  6. 音楽聴き放題のプライム・ミュージックが利用できる。
  7. 写真が無制限に保存可能なプライムフォトが利用できる。
  8. 日用品をまとめ買い出来るAmazonパントリーが出来るできる。
  9. 毎月1冊Kindle本が1冊無料
  10. タイムセールに30分早く参加可能

 

Amazonプライム会員なら諸々送料無料

2016年3月までは誰もが送料無料(一部対象外はあった)でAmazonを利用することができたためアマゾンの躍進を担ってきましたが、4月以降Amazonでの購入額が2000円未満だと350円の送料が発生するようになりました。

これがAmazonプライム会員だと従来通り、2000円未満でも送料無料となります。

Amazonでの全商品送料無料キャンペーンが終わりを告げた時、Amazonがプライム会員への誘導を図っていると各所で言われたのもうなずけるほど全商品送料はプライム会員になるメリットです。

また、Amazonでは配送に関する様々なサービスを展開しています。

その1つがお急ぎ便です。

当日お急ぎ便は通常514円かかりますが、プライム会員なら無料で利用できます。

更に地域限定ですが、プライムnowという更に高速な配達サービスも利用できます。

プライムnowには1時間便と2時間便があり、1時間便はプライム会員でも890円の費用が発生します。

2時間便は無料で利用可能です。

プライムnowはパソコンからは利用できず、スマホのアプリから利用します。また、Amazonでの注文金額が2500円以上で利用することが可能となっています。

プライムnow利用可能地域

東京都(世田谷区、目黒区、千代田区、中央区、台東区、墨田区、江東区、渋谷区、品川区、大田区、港区、杉並区、新宿区、文京区、荒川区、足立区、葛飾区、調布市の一部)

神奈川県(横浜市、川崎市の一部)

千葉県(浦安市、市川市の一部)

大阪府(大阪市の17区、豊中市、吹田市、守口市)

兵庫県(尼崎市、伊丹市)

朝6時~深夜0時までが対応時間となっています。

https://www.amazon.co.jp/b/ref=sv_jp_6?ie=UTF8&node=3907674051

 

動画見放題のAmazonプライム・ビデオ

Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオは約2000本とhuluやNetflixなど他の大手動画見放題サービスに比べると配信動画数は少なく、配信数も吹き替え版、字幕版とが別々にカウントされているため、実際の動画ラインナップは少ないです。

しかし、オリジナル作品などの独占配信も増えつつあり、最近では映画やアニメ作品もかなり充実してきましたので、月々325円でこれだけ楽しめるのは正直かなりお得です。

Amazonプライムビデオの作品

プライムビデオの作品例

音楽聴き放題のAmazonプライム・ミュージック

Amazonプライムミュージック

こちらもAppleミュージックやGooglePlayミュージックなど他の音楽定額配信サービスに比べると配信音楽数は100万曲と少ないですが、邦楽でも有名な楽曲なども配信されています。

下は実際に私がAmazonプライムミュージックで聴いている楽曲をキャプチャーしたものです。

f:id:Uranff:20170326174007j:plain

楽曲はダウンロードすれば、飛行機の中などオフライン環境でも楽しむことが出来るようになっています。

サービス名 料金(税込) 配信数
プライム・ミュージック 年間3900円
(月額325円相当)
約100万曲
GooglePlayミュージック 月額980円 約3500万曲
Appleミュージック 月額980円 数百万曲

写真が非圧縮でも無制限に保存可能なプライムフォト

Amazonプライム・フォト

元々無料で5GBまで利用できるサービスですが、プライム会員になるとRAWファイルも非圧縮状態で無制限に保存することが出来ます。

Googleフォトは非圧縮だと15GBまでという容量制限があるので、一眼レフなどで大量にRAW写真を撮影する人にとってはかなりありがたいサービスとなっています。

サービス名 料金(税込) 保存対象 保存容量
プライムフォト 年間3900円
(月額325円相当)
写真
動画
非圧縮でも無制限
動画は5GBまで
Googleフォト 無料
非圧縮で15GB以上は月額1.99ドル(約210円)
写真
動画
圧縮は無制限。
非圧縮だと15GBまで無料で利用可能。
iCloudフォトライブラリー 5GBまで無料 写真
動画
非圧縮で5GBまで

 

日用品をまとめ買い出来るAmazonパントリー

飲料品、日用品、ペット用品などの消耗品を取り扱う宅配サービスがAmazonパントリー。

通常のAmazonで購入するよりも少し足す目に購入できるのが特徴。

送料が290円かかる点は注意が必要。

サービス名 送料(税込) 品揃え 配送日数
Amazonパントリー 290円 約5000円 1日~3日
楽天24 490円
2030円以上で無料
約16万点 1日~5日
LOHACO 350円
当日便:500円
1900円以上で無料
約18満点 当日~

 

毎月1冊Kindle本が1冊無料

プライム会員はKindle端末を持っていれば毎月1冊無料で読むことができる。

1冊は購入ではなく、レンタル扱いなので、翌月までに返却が必要な点は注意が必要。

もし返却を怠ると、翌月無料で読める本の権利が消費されてしまう。

返却方法は「端末からの削除」ではなく、サイトから「この本の利用を終了」を選ぶ必要がある。

 

タイムセールに30分早く参加可能

プライム会員は毎日開催されるAmazonのタイムセールに一般ユーザよりも30分早く参加できます。

特に「プライム・デー」のような年に数回しかない大規模セールなどでは実質プライム会員でないとセール品を購入することは困難な状況にある。

 

amazonプライムの国別年会費

国名 日本 アメリカ イギリス フランス
年会費 3900円 99ドル
約1万1000円
79ポンド
約1万2800円
49ユーロ
約6900円

 

アメリカのAmazonプライム会員サービスで人気なのが「無料2日間配送」サービス。

発送に1週間待ちなどがが普通のアメリカで中2日で無料で届けてくれる点がうけている。

イギリスのAmazonプライム会員サービスは日本とあまり変わらないが、プライムnowの1時間便が6.99ポンドで約1200円と年会費含め日本より高い状態になっている。

日本のAmazonプライム会員は、お急ぎ便無料や各種サービスは他国とほぼ変わらないのに圧倒的に会費が安いのが特徴。

そのため日本のAmazonプライム会員年会費もいずれ他国の水準まで値上げされるのではと噂されている。

学生はAmazonプライム年会費が1900円と激安且つ6ヶ月間も無料利用可能

Amazon Student

国内の大学、大学院、短期大学、専門学校、高等専門学校の学生は通常3900円かかるプライム年会費が2000円安い1900円で利用できる。

さらに一般利用者はプライム会員お試し期間が30日間と1ヶ月なのに対して学生だとその6倍の半年間も無料で試すことが出来るAmazon Studentに登録しないのは勿体無いとしか良いようなないぐらい優遇されている。

Amazonプライム特典は家族とシェア可能

同居の家族を2人まで家族会員として登録可能。

家族会員は「配送無料」など3つの特典が無料で利用できる。

 

Amazonプライムの年会費はいつ引き落としされるか

Amazonのサイトでは以下のように書かれています。

無料体験期間もしくは1年間の有料会員期間が終わると、自動的にAmazonプライム会員の登録が更新され、ご登録のクレジットカードに年会費3,900円(税込)が請求されます。

つまり無料お試しの場合は、30日間の無料お試し期間を過ぎる前に解約をしないと、3900円の年会費が請求されてしまいます。

また、通常のプライム会員についても登録から1年後の更新前に解約しないと自動で更新されます。

尚、無料お試しの場合において万が一30日経過してしまって、登録したクレジットカードから3900円の年会費が引き落としされた後でも、無料期間終了後プライム会員のサービスを一度も利用していなければ全額返金してもらうことが可能なので諦めずに問い合わせましょう。

 

amazonプライムの年会費を無料にする方法

Amazon.co.jpの公式クレジットカードには「Amazon Master Card クラシック」と「Amazon Master Card ゴールド」がありますが、ゴールドカードには利用特典としてAmazonプライム会員の年会費が無料となります。

Amazon Master Card ゴールドの特典

  Amazon Master Cardクラシック Amazon Master Card
ゴールド
年会費 初年度無料
翌年から1350円*
*一度でも利用があれば無料
1万800円
*4320円まで下げることが可能
Amazonでの還元率 1.5% 2.0%
一般利用の還元率 1% 1%
特典 新規入会で5000ポイントプレゼント Amazonプライム年会費(3900円)が無料
新規入会で6000ポイントプレゼント
旅行保険 無し 有り
空港ラウンジサービス 利用不可 国内の主要空港のラウンジが利用可能

Amazon Master Card ゴールドの年会費を下げる

Amazon Master Card ゴールドを作成すると3900円のAmazonプライム年会費が無料となりますが、Amazon Master Card ゴールド自体の年会費が1万800円かかってしまいます。

いくらAmazonでの買い物が2%ポイント還元されるからといっても作成に億劫になってしまいます。

しかし、2つのサービスを利用することで6480円年会費を節約することが出来ます。

 

1つが「マイ・ペイすリボ」の登録です。

「マイ・ペイすリボ」に登録するとAmazon Master Card ゴールドの年会費が半額となります。

「マイ・ペイすリボ」は何かというと、毎月の支払い額を自分で設定した額でリボ払いにするというものです。

リボ払いという言葉に抵抗を持つかたもいるかもしれませんが、設定額を高くすれば1回払になるのでリボ払いの手数料を取られることもありません。

従って、Amazon Master Card ゴールドの利用限度上限額をマイ・ペイすリボの設定金額にしておけば、リボ払いにはなりません。

 

もう1つが、「Web明細書への変更」です。

これで年会費が1080円節約することが出来ます。

プライム会員になるのとAmazon Master Card ゴールドの損得勘定

Amazon Master Card ゴールドの年会費を4000円まで下げられることが分かりました。

Amazon Master Card ゴールドを作らずにプライム会員になる場合と、Amazon Master Card ゴールドを作ってプライム会員になる場合の損得勘定をしてみましょう。

  プライム会員になる Amazon Master Card ゴールドでプライム会員になる
初年度年会費 3900円 1万800円
次年度年会費 3900円 4000円
*マイ・ペイすリボとWeb明細利用必須
Amazonの買い物でのAmazonポイント還元率 0% 2%
その他 - 新規入会でAmazonポイントが6000ポイントプレゼント

 

この表を見てもらえれば分かるように初年度の負担をどう考えるかですが、Amazon Master Card ゴールドの新規作成でAmazonポイントが6000円分プレゼントされることを考慮するとプライム会員になるほどの人ならAmazon Master Card ゴールドを作った方が長期的にはお得だと思います。

なお、既にAmazonプライム会員になっている人でもAmazon Master Card ゴールドに入会すると、Amazonプライム年会費の未使用月分がある場合には、未使用月分の年会費をクレジットカードへ返金してもらえます。